ホーム > Q&A | 出発までの準備について

出発までの準備について

準備にはどれくらいの時間が必要ですか?また、何から準備すべきでしょうか?

ケースバイケースですが、出発までには最短で3〜5ヶ月、平均的には10〜12ヶ月かかります。また学校によっては一年以上前から入学枠を確保したり、予約が必要な場合があるため、出来るだけ早く準備をはじめる事をお勧めします。
留学の心構えや現地の様子などは留学相談などでもお話しています。まずは無料の留学相談を受け、その後の準備を始めるのが良いでしょう。

戻る

個別カウンセリングではどんな話しが聞けますか?

個別カウンセリングは、留学の現実に対しての理解を深めることを目的とします。そのため、厳しい話を含め、心構えや現地事情、手続きの方法などを詳しく説明します。留学する、しないを決める前に、まずは実情を良く理解することが大切です。その上で、本当に自分にあっているのかを良く考えましょう。カウンセリングには、可能な限り親子で参加頂く方が良いでしょう。*無料・予約制

戻る

出発までの流れを教えて下さい。

大まかな流れは、次のようになります。
(1)個別カウンセリング(2)留学適性審査(3)書類提出(4)学校選択
(5)学校及び滞在先(寮)決定 (6)渡航手続き(7)オリエンテーション(8)出発

戻る

留学適性審査とはどのようなものですか?

ICCでは留学の適性を判断する目的で、留学適性審査を留学先の学校に代わり実施します。適性審査は合否を決めるためのテストというよりは、留学適性がどの程度あるかをICC留学カウンセラーが判断する審査です。適性審査では日本語による作文と面談を受けていただきます。また、日本の学校での成績表などを見せて頂きます。適性審査で重視することは学力以上に次の2点です。
・留学に対する意志の強さ
・留学に対する性格的適性
留学を成功に導くためには本人の意欲も非常に大切な要素となるため、留学に対する意志は非常に重要になります。留学適性審査を受ける為には事前の予約が必要です。審査料は無料。所要時間は約2時間

戻る

英語力が無くても中学から留学出来ますか?

ご紹介する現地の中学校には留学生向けの英語サポート授業などがあり、中学での授業について行けるよう、英語学習をすることが出来ます。また、留学生担当の先生など、アシストしてくれる先生もいますのでご安心下さい。ただ、授業や生活全てが英語の環境になるため、積極的に学ぼう、習得しようとする姿勢が求められます。

戻る

出発までにどんな英語の準備をすれば良いでしょう?

英会話学校などに通うことは必須ではありません。しかし、英語の基礎力や単語力があると英語力の伸びるスピードが格段に上がります。最低限の挨拶や自分の気持ちを表現する言い回しなどを覚えて行くと良いでしょう。

戻る

必要書類を教えてください。

出願に必要な主な書類は以下の通りです。
・英文在学証明書 ・英文成績証明書 ・英文推薦状
・英文エッセイ  ・健康診断書   ・個人調査票等
日本の在学校の中には、英文での証明書等作成に不慣れなため、書類作成に時間を要する場合があります。ICCではその場合に、学校の先生と直接連絡を取り、書類作成のお手伝いをさせていただきます。
詳細は担当カウンセラーがご説明しますので、ご安心下さい。

戻る

学校はどのように選びますか?

ICC中学留学プログラムでは、学生寮のある学校をご紹介しています。また、学校を事前に訪問した上で選択することをお勧めしています。訪問前には就学環境や学校の特長などをご説明いたします。

戻る

中学生は義務教育期間ですが、長期留学するのに問題はありませんか?

公立中学であれば帰国した時の居住地を元に編入することが可能です。中学校からの留学には、日本の学校が不慣れなため、書類作成に手間取るかも知れません。ICCでは書類作成に必要な情報等も学校の先生に提供し、スムーズに手続きが出来るよう、お手伝いします。

戻る

中学留学をした場合、帰国後の進学に不利になることはありませんか?

日本の高校に進学する場合、帰国生受験枠のある高校に進学するのが一般的です。但し、各高校によって、受験に関する条件が異なりますので、確認をするようにしましょう。

戻る

中学留学後に、そのまま現地の高校に進学することは出来ますか?

もちろん可能です。オーストラリア・ニュージーランドは中高一貫教育となりますので、厳密には中学校と高校の区別がありません。従って、中学留学修了後に、そのまま現地高校へ進学することで中学留学で培った現地の学習方法や英語力を一層充実させることが出来ます。また、現地の高校卒業資格を取得すれば、日本の大学受験の際、帰国生枠での受験も可能になります。

戻る

反抗期を迎えた中学生ですが、留学をさせても大丈夫でしょうか?

留学を成功に導くためには、何よりもご本人の意志が大切です。まずは、お子様とじっくり話し合い、ご本人の留学の意志の強さを確認して下さい。その上で、ICCの留学適性審査を受けていただくことをおすすめします。

戻る

留学費用の目安を教えてください。

両国ともに地域や学校により留学費用に差があります。おおよその目安は以下の通りです。
・留学初年度 290〜530万円程度
・2年目以降 260〜500万円程度
(2013年9月)

◆費用に含まれるもの:入学金・学費・教材費等の学校関連費用、44週分の学生寮費用(食費含む)、留学サポートの費用

※留学する地域、学校により授業料、滞在費が異なります。詳細についてはお問い合わせ下さい。

※海外留学傷害保険料、渡航費用、お小遣い等の個人的費用は別途必要です。

※留学費用は留学地域、入学校、為替レート等の条件により変動します。

戻る

オフィスで相談 スカイプで相談 メール相談