ホーム > Q&A | 学校/学校生活について

学校/学校生活について

学校はどんな学校がありますか?

中学留学では寮のある学校をご紹介していますが、私立、公立、共学、男女別学など色々な学校があります。学校により、芸術に力を入れている学校やスポーツに強い学校などそれぞれの特長があるので留学する学生さんの希望を考慮してご紹介しています。

戻る

英語力はどのくらいの期間で身につきますか?

中学留学の対象となるお子様は、柔軟性もあり、異文化への適応性も極めて高い年代であることから、英語に対する抵抗感も少ないようです。個人差もありますが、3〜6ヶ月で英語に慣れてきたと感じるお子様が多いようです。

戻る

授業にはついていけるでしょうか?

現地の授業は少人数制で行われます。先生は解説をしたり、基礎的な事は説明してくれますが、議論やグループワークも授業の一環として行われます。英語での授業や慣れない授業方法に戸惑うこともあるかも知れませんが、分からないところをきちんと質問したりすることで、徐々に授業スタイルにも慣れ、ついて行くことが出来るようになるようです。またこうした授業スタイルで学ぶことで、論理的思考や問題解決能力を養成することが出来る様になります。

戻る

兄弟で中学留学させることはできますか?

はい、可能です。ICC中学留学カウンセラーにご相談下さい。

戻る

インターナショナルスクールに留学させることはできますか?

ICCでは、インターナショナルスクールへの留学を積極的に推奨しておりません。個別にご相談下さい。

戻る

学校の夏休みなどの長期休暇中はどのように過ごしますか?

オーストラリア・ニュージーランドがある南半球は、日本と季節が真逆で、現地の夏休みは日本の12月中旬〜1月下旬までとなります。その間、留学先の学校寮もクローズとなることがほとんどのため、留学生の多くは日本に帰国し、家族と時間を過ごします。その他に、学期と学期の間に2週間程度の休暇がありますが、お友達と街に買い物に行ったり映画を見に行ったりする学生が多いようです。

戻る

親が現地を訪問することはできますか?

もちろん可能です。保護者の方の現地訪問は、日頃お子様がどのような留学生活を送っているかを垣間見る良いチャンスです。日程がお決まりになりましたら、ICC担当者までご連絡下さい。また、先生、寮母さんやICC現地アドバイザーと面会することも可能です。訪問日程をお伝えいただく際、その旨もお伝え下さい。

戻る

どんなクラブ活動ができますか?

スポーツ系、アート系、音楽系と様々な活動が可能です。しかし日本の中学と比べ、両国の中学のクラブ活動は盛んとは言えません。毎日活動するクラブはほとんど無く、週1〜2回が一般的です。より頻繁に活動したい学生は、地域のスポーツチームに入会するなどして、学外での活動にも力を入れます。

戻る

制服はありますか?

多くの学校では制服があります。現地に到着した後、各学校で指定の制服を担当アドバイザーと一緒に購入することになります。

戻る

オフィスで相談 スカイプで相談 メール相談