日本との密接なつながり

経済、貿易、観光などを通じ、両国と日本のつながりは深く、親日家が多い。

英語圏の国々の中でもっとも日本語教育が盛んで地理的にも時差がない。

オーストラリア

オーストラリアにとって、日本は第2位の貿易相手国です。経済や観光、教育を通して日本との交流が盛んで、とても深いつながりを持っています。政府は多文 化政策の一環として、国民が英語以外の言語を学ぶことを奨励しています。特に日本語、インドネシア語、韓国語、中国語のアジア諸国の言語を重視しており、 アジア圏の語学・歴史学習もとても盛んです。中でも日本語教育熱は高く、小・中・高校で選択科目として日本語を学ぶ学生が増えています。

ニュージーランド

ニュージーランドにとって、日本は第3位の輸出相手国です。その輸出品は野菜や酪農製品などの農産品。日本でニュージーランド産の農産物をよく見かけるのもうなずけます。ニュージーランドでの「外国語」学習は日本語の人気が圧倒的で、多くのニュージーランド人が日本語を学んでいます。北緯と南緯の違いがあ りますが、赤道を挟んで、地球での位置は日本とほぼ同じと言われています。日本同様、島国であり、四季もあるので、日本人に親近感を持ちやすいとも言えま す。

また、両国ともに地理的に日本とほぼ時差がありません。お子さんを送り出した後の、細かなコミュニケーションも難しくない恵まれた環境です。